資料請求リスト
教育ナビ 資料請求リスト

春休みの使い方こそ重要! 春期講習受講の必要性とは

読了までの目安時間: 約5分

重要度が低い?保護者・生徒の認識

春期講習は夏期・冬期講習と比較して、あまり必要性を感じていない保護者・生徒が多い印象を受けます。春期講習は「1年間の総まとめと新学期への準備」が大きなテーマとなりますが、冬期講習からの期間が短いため、「1年間の総まとめは冬期講習である程度やっている」と考えている方も多いようです。

suugaku
また、「新学期の準備は自分たちで何とかする」、「様子を見て考える」といった声も聞かれます。学習塾を利用する目的は様々ですが、やはり一番は「成績を上げるため」、「志望校に合格するため」といった理由が多いのではないでしょうか。春期講習の時期は、受験シーズン一段落する時期でもあります。また、通信簿(内申点)に関わる定期テストが直近に控えていないことから、他の講習よりも重要度が低くなってしまう傾向にあるように思います。

良いスタートダッシュを切るために

しかしながら、「春期講習こそ大切である」ということをお伝えしたいです。特に小学6年生(新中1生)、中学3年生(新高1生)といった中学・高校への入学を控えている児童・生徒は、良いスタートダッシュを切るために、春期講習を受講し、万全の準備をしておく必要があります。これまでの学習内容がベースとなる科目も多いため、とにかく既習範囲で苦手意識がある単元については、できる限り入学前にカバーしておく必要があります。また、中学・高校ではどのような内容を学習するのか事前に予習できていると、余裕を持って授業に臨むことができます。

受験勉強の第一歩

4月から受験生となる中学2年生(新中3生)の生徒についても、春期講習が非常に大きなカギを握るケースがあります。意識が高い子は、すでに前学年から入試を見据えた学習を行っていることもありますが、多くの場合は部活動を引退する夏から本格的に受験勉強を行う子が多いように思います。受験はライバルと「どこで差をつけるか」が重要なポイントです。みんなが本格的に受験対策を始めるタイミングに合わせていては、限られた時間の中で大きな差をつけることは難しいです。つまり、受験勉強早ければ早いほど有利であるということです。受験勉強といっても、何か特別なことをするわけではありません。とにかく1・2年生の単元で不安な部分や苦手に思っている単元を一つ一つ克服すること、忘れてしまっている部分をもう一度復習することが受験勉強の第一歩です。入試直前になると、どうしてもやらなければならないと思うことが増えて、焦りが出てきます。今のうちから一つでも二つでもやるべきことをこなしておくと、要点を絞った学習ができるようになります。これは中学受験を考えている小学5年生の児童にも同様のことが言えます。

向き合わなければならない日はやってくる

また、中学1年生の生徒で成績が伸び悩んだ子や、つまずきが多く見られた子も、春期講習の受講を考えるべきです。中学1年生は学校生活に慣れるまでに時間がかかったり、部活動についていくので精一杯だったりという子も多く、十分な学習が確保できずにここまで来てしまった子も少なくないはずです。中学1年生で学習した内容は2・3年生の内容へつながっているものも多く、1年生学習が不十分なままだと、必然的に次学年でもつまずいてしまう単元が出てきてしまいます。例えば数学の「比例・反比例」が「一次関数」、「二次関数」と発展していくのがそのケースです。受験生になってから、英語の「be動詞と一般動詞の違いって何?」と聞かれ、答えられない子もいます。目をそむけたくなる気持ちは分かりますが、いつかきちんと向き合わなければならない日がやってきます。早い段階できちんと内容を理解できているかどうかが、中学に限らず高校・大学とつながっていくものだと考えなければなりません。

講習を通じたきっかけづくり

春休みは期間も短く、あっという間に過ぎてしまいます。ただ、これまでの学習内容を復習し、次学年への準備を行うために、とても大切な時間であることを忘れてはいけません。塾は単に学習内容を理解し、知識を身につける場ではありません。決められた時間に学習を行うことで、勉強をする習慣を身につけ、学習に対する姿勢や意識を高めることができます。塾の印象を聞かれると「厳しそう」、「怖そう」と答える子がいますが、一度受講をすると、塾に対する印象が変わる子がほとんどです。通塾をきっかけに、勉強に対する意識が変わる子もいます。分からなかったものが分かるようになり、解けなかったものが解けるようになると、勉強は楽しくなるものです。まだ塾に通っていないお子様も、まずは講習のみ受講をすることで、何かのきっかけ作りができる可能性もあります。