資料請求リスト
教育ナビ 資料請求リスト

記憶力が高まる勉強法 「頭に残る復習」☆

読了までの目安時間: 約2分

復習をやっているけど結局忘れてしまって効果がない。こんな悩みを持っている人も多いのではないだろうか?でも実は、記憶力が高まる勉強法を実践すれば、頭にしっかり残る復習をすることができる。

kyoikunavi20150904
諏訪東京理科大教授の篠原先生が解説してくれたぞ。

「記憶の3段階」の繰り返しが記憶力アップのカギ

「記憶」には情報を「入れる」「保持する」「引き出す」という3つの段階がある。これを何度も繰り返し、脳の前頭葉という部分を鍛えることで、記憶力を高めることができる。この3つの段階に当てはまるのがまさに「予習」「授業」「復習」。つまり予習・復習をすること自体が記憶力アップにつながるんだ。

復習のタイミングは「忘れ始め」

では忘れにくい記憶方法とは何か。大事なのは記憶するタイミング。人の記憶は1時間ほどでおよそ半分が消えてしまう。しかしその直前に復習をすると忘れるのを防ぎ、さらに忘れるまでの時間が延びるんだ。つまり「忘れ始めのタイミングで再度覚える」という作業を繰り返すことで、下記のグラフのように記憶が定着していくことになる。

自分の「忘れるタイミング」に覚えなおすと効果大

ただし、人によって忘れるタイミングは多少異なる。そこで何度か覚えた内容を時間がたってから確認してみて、自分が「3~4割忘れてしまう」というタイミングを調べよう。そのタイミングで繰り返し覚えなおすようにすると、記憶したことを無駄なく定着させられるようになるぞ。

文/進研ゼミ高校講座 受験情報担当 牧

監修/篠原菊紀先生

出典

KJ_F